豊中市古武道 古武術の道場

 

 ⭐︎当流派の説明⭐︎

 

流派名 居拳流空手 柔術拳法

 

古流柔術についての説明

 

武田惣角の大東流合気柔術、合気武道 柔法武術 合気術を伝承しています。

合気柔術と合気武道の最高峰である、大東流奥義(師範技)の掴み手である経絡技(ガクン 表 裏)を基本技とし、秘技である秘伝経絡(ゴウコク)をも含み更に上の技である口伝目録(一点ノ秘) (二カ条)(天地人)を学ぶ事ができます。

 

この全ての経絡武道を正式に学べる道場はこの日本においても数える程で、現状ここまで深く指導出来る師範はなかなか居ません。

奥伝以外にも、初伝目録の経絡(小手引き)(吊り手)も学べます。

本来上段者で、師範資格を持ち、師に信頼された者だけが学べる経絡の初伝技が入門時から学べます。

経絡秘法 経絡武道 経絡術 経絡柔術 経絡体術 経絡技法 等と呼ばれ

日本武道 日本武術の最高峰の技術 奥義として知られています。

そのほとんどは、口伝で伝承され幻の技とされています。

現在伝承していて、実践で使える指導者は極めて少なく、日本古武道で最も価値がある柔術の1つが当流派になります。

その技は相手に触れた瞬間に臍下丹田のバランスを崩し、それにより相手は態勢を崩し、力なく投げる事が出来る合気柔術は、相手の気血を乱し、めまい、吐き気を与え戦意を喪失させます。


柔術拳法についての説明

そして当身や打撃技から連続で出される剛柔一体の柔術拳法。実践格闘用の護身術では無い、戦闘術の柔術があります。

 

経絡柔術では、経絡を使う事により相手の身体、例えば手首に触れただけで、想像を絶する程の激痛を与え、相手はこれにより悶絶し、さらには身体が麻痺して力が入らなくなり、身動きが取れなくなります。

激痛を与え戦意を喪失させる効果もあり、痛みは与えても怪我はさせない武道です。

 

また、相手の呼吸を止めたり、指一本で小柄な非力な女性が、肉体を鍛えた大男に勝つ事もできます。

 

話を聞いただけでは信じ難いでしょうが、現代人には理解出来ない"秘技が古武道には伝承されています。"

 

「見学 体験時にこの技法をお見せしています。 


力を使わない払い技と流し技についての説明

払い技 流し技では、全く力を使わずに相手の攻撃を流します。

相手の突き 蹴りに対して、触れただけで攻撃の軌道をずらしたり、無力化させる高技術があり、もっとも護身術に適します。

 

受け技の上位に位置着く技法で、対人の稽古を本格的に行う道場はとても少ないと思います。

 

護身術だけではない組手が出来る"柔術"にこそ真の価値があります。

柔術は守りや護身、カウンター技の武道ではありません。

攻める(攻撃)が出来る真の実践武道です。


空手についての説明

空手では、摩文仁賢和の糸東流を基礎にもっとも実践的な剛柔流空手とフルコンタクト空手を取り入れています。

伝統派の空手とフルコンタクトの空手の2つの長所を合わせ、より実践を意識しています。

 

 

 

組み技系拳法

居拳は、世界最速の武術である、居合 抜刀術を基礎に、体術化し打撃技から本来ありえない事ですが、投げ技を生み出すと言う信じられない拳法が伝承されています。

その速度は投げ技 崩し技でありながら、打撃技並みの速さを持ち、一瞬で相手に技をかけてしまう程です。

実践を限界まで追求され、速さ、強さ、うまさ、優しさを合わせ持つ真の拳法であり最速の護身術です。

 

移動式と呼ばれる優れた移動方法と捌きがあり、離れた相手に動きを感じ取らせず、瞬時に相手の間合いに踏み込み攻撃出来ます。

 

     

筋肉をただ鍛えるだけでなく、感覚を研ぎ澄ませて身体を固める(体内操作法)があり、瞬間的に身体を強化する剛体法があります。

柔拳が伝承され力なく相手の身体の中に直接打撃を与える事が出来、経穴(点穴)を突いて致命傷を与えます。

  

剛拳 柔拳 居拳が伝授され、現在、居拳は当流派でしか学べません。

 

中国拳法の流れを組む剛法では、柔拳を使いこなし、脱力から生まれる力は、相手の身体を貫通し致命傷を与えます。

 

日本古来より伝わる幻の秘伝、伝説の技とも言われる特殊なかわし方である"居拳流がわし"では、全八種類のかわし技は、空手、柔術に生かします。

 

その動きは瞬間に相手の視界から消え背後に回り込む。

かわしながら相手に打撃を与える等、まさに相手からすると目の前の敵がいきなり消え、背後から攻撃されるのですから驚きでしょう。

 

空手では、古流の型 組手 対武器の技 護身術を稽古し効果的な技を習得します。


古武術 居合剣法の説明

武器術では、居合剣法(刀法)の大刀 小刀の居合 抜刀術 剣術を伝授しています。

 

居合(座り技)では、小太刀を使い本来の居合の型を稽古します。

 

※居合は立ち技ではなく、また物を斬ったりしません。

そして大刀一本での演舞や技は歴史上存在しません。

座り技の居合意外にも基本として立ち技の小太刀居合、応用技の大刀居合も稽古しています。

 

大刀では、抜刀術と剣術を稽古し"剣術 対 剣術"

または、"剣術 対 居合"

抜刀術 対 居合も稽古しています。


古武術 柔法居合(組み技系 古流柔術 甲冑武術)

相手の刀を奪う、自分の刀を抜かずに相手を制する真の古武術を稽古しています。

元祖古流武術の兵法を学びます。

 

空手や柔術、武器などを区別せずに全て学ぶ事が"真の古武道であり古武術です。

剛柔一体、武器を含み、心を磨く物を我々は古武道と呼びす。

これを"心技体の剛柔刀一体の武道"といいます。