空手の部の稽古の流れ

①武道は礼に始まり礼に終わる

心を正して礼をおさめる

先生に一礼をして道場に入ります。
稽古前と稽古の終わりには必ずお互いに礼をします。

②柔軟〜基本稽古

ゆっくりと準備体操と柔軟を行いますので、身体の硬い人も徐々に柔らかくなります。
基本稽古では突き 打ち 蹴り方を学び、移動技も稽古します。
基本が1番大切です。

③受け 払い技 流し技の稽古

相手と向き合って、実際に攻撃をしてもらい、その攻撃から身を守る(無力化)させる稽古をします。
"まずは自分の身を守る"!武道にとって1番大切な事です!

④型の稽古

正しい技を身に付ける事と、悪い癖がつかない様に稽古します。

⑤ミット打ち サンドバッグを使った実践稽古

実際に突き 打ち 蹴りを当てる稽古をします。
ミットを受ける側も相手の身体の動きを見て、その威力を肌で感じて実践に近い状態で学んでいきます。

⑥空手と言えば組手

フルコンタクト組手
実際に相手とお互いに攻撃を当て合います。
突きや蹴り等の打撃技だけでなく、受け 払い技、かわし技を駆使して、また連続技も繰り出し稽古します。
技に制限のある約束組手も行うのでレベルに合わせて老若男女問わず学ぶ事が出来ます。

居拳流で楽しく!強く!上手くなる!