空手 少年部指導者の紹介

分でこのページを読めます。

大切な事を、載せています。

一井指導員 空手の部 少年部 

 空手少年部 指導員

 

 

お子さんの未来と教育を考える

 

お母さん お父さんへ

 

変化の流れが速い現代において, 今学び, 身に付けた事が将来役に立つか誰も分かりません.

しかし, 古武道は人間が一人の大人として, 自立して生きていく上で必要な, 普遍的真理と, 身を護る術, そして人を思いやる心を修めることができます. この三つを持つ者が, 本当に強い人間だと私は思います

 

日本発祥の武道は戦後, 世界中に広まり, 競技人口は7千万人を超えるといわれています.

ちなみに野球は35百万人です. この数字を比較しても, いかに多くの人達が, 人種, 文化, 歴史, 宗教を問わず, 惹きつけられるものが武道にあるかがお分かりになるでしょう.

 

では, 惹きつけるものとはなにか?

それは"自分への問い"です. 武道とはスポーツや格闘技と違い, 他者に勝つことが目的ではありません, 己に勝つことが目的です.

そのため, 日々の稽古は常に自分と向き合わなければなりません. 自分の弱さに愕然とすることもあります.

しかし, 自分から逃げずに戦い, その壁を乗り越えた時の喜びは, 何ものにも代え難い経験です. この積み重ね(プロセス)が人を強くしていきます.

 

まれに道場に「武道の答えを教えてくれ」と来られる安易な人がいますが, 武道に答えはありません. 私も先生も, 他の生徒たちも分からないから日々稽古をしています. 誤解していただきたくないのは, これは技術や武道における考え方について言っているではなく"道場は答えを教わる所ではない, 己自ら学ぶ所" だという心構えが無ければ成長はないということです.『習慣が人生を作る』という言葉があります.

 

特に礼儀作法不断の努力社会性, この3つの習慣は子どもの時から養っておくべきです.

この3つが無い人と有る人では, 未来の可能性が大きく変わります

 

少し堅い話になりましたが, 当道場は運動神経を鍛えるだけのスポーツ格闘技ではなく, 己を磨く武道を子ども達に教え, 共に学んでいきます.

 

現在在籍している小学生から高校生の子どもの生徒たちも, 入門当初とは見違えるほど"心技体"全てにおいて, 強い人間に成長していっています.  後輩の成長に私自身も刺激を与えられ, 日々の稽古に身が引き締まる思いです. 男の子, 女の子問わず, お子さんに強く優しい大人になって欲しいと願うならば, 是非一度 当道場にいらして下さい.

坂本指導員

空手少年部指導

親切丁寧に一所懸命に教えてくれます!

綺麗な型と実践組手が得意です。


居拳流空手 五段

 

私がご指導します!

先生の指導方針とご挨拶

初めまして。ホームページをご覧頂きありがとうございます。

当道場の空手は、一般的な道場にある、スポーツ空手とは少し違います。

 

心を鍛えろ!身体を内面から鍛えろ!空手で鍛えろ!

優しさと勇気に重きを置く道場です!

 

空手を、スポーツとしてではなく、教育としての武道の空手を指導しています。

 

それは何故かと申しますと、忍耐力 精神力 行動力 集中力 元気 活気 勇気や思いやりの優しい心、それ、すなわち武道精神その物であり、武道精神を学ぶ事が1番、お子さんの教育に良いと考えるからです。

 

スポーツ空手道の大会で人に勝つ。それも好きな人には良いでしょう。

 

しかし、最も教育に大切な事は、人に勝つ。大会で勝つ事ではなく、

自分の心。例えば、弱気な心 臆病な心 人それぞれ抱えている自分の欠点に、

勝つ事 克服する事なのです。これはとても難しい事です。

 

しかし、当道場の指導を受ければ、決して難しい事ではございません。

自分の心と向き合い、見つめ直す事で、初めて心を成長させていく事が出来るのです。

 

人に勝つよりも、自分を見つめて、自分の心も体も成長させて行く事を目的とした、

お子さんの為の教育に重んじる空手道場なのです。

 

空手で相手を倒すよりも、空手で大切な人を守れる様になる事の方が、ステキだと思いませんか?

そんな、思いやりに溢れた、優しいお子さんに成長して頂きたいと思うのは、私だけではなく、他ならぬご両親も同じ思いのはずです。

 

当道場は、お子さんの事を大切に考え、輝く未来あるお子さんの教育に全力で力を注ぎます!

組手も試合を目的としませんので、怪我が圧倒的に少ない安全な空手道場です。

 

先ずは、

当道場へお越しください。

お待ちしています!


教育とは生活 生きる力を養う事です。
空手を学ぶと良い事沢山!
 
①健康であり、元気 活気のある心と身体
武道を通して、体力を身につけ、健康な身体を作り、困難な事にも前向きに取り組む力を養います。
 
②社会に置いて大切な事は継続力です
物事を続ける力(継続力)とは、忍耐力、体力、精神力を合せ持つ事です。継続出来ない者は、社会において敗者にしかなりません。
 
③本物の教育 道徳を学びます
物の見方、考え方、礼儀作法、社会常識、人との関わり方などを学び、立派な社会人に成長出来るよう心がけ指導します。単なるスポーツの習い事ではなく、教育武道を学ばせて下さい。
 
④居拳流空手はスポーツではありません
大会に出る、大会に勝つ、大会で良い結果を出す、型のみを上手くなる稽古等…
本物の空手は決してスポーツではなく武道であり教育です。武道とスポーツ格闘技の競技とは全く違います。
⑤道場と教室は違います
当流派は正式な空手道場です。一般的な空手教室とは、教育方針が全く違います。空手の技術レベルも天と地ほど違います。